通常、安全靴は踝を覆わないタイプのものが多く、踝を覆うタイプとなるとブーツタイプになります。

安全靴の役割は主につま先を守ることにあるので先端には金属もしくは樹脂の保護板が埋め込まれていて、これにより足先を保護することが可能です。動きやすさや履きやすさを考慮して踝は覆われていないのが普通ですが、ブーツタイプ以外に踝がすっぽり覆われたハイカット安全靴があります。足首まで覆われているので安定感があり、捻挫などの予防効果が期待できます。ハイカットタイプは踝が保護されているので、外からの衝撃からある程度守ることが可能です。

足首まで固定されるので足と靴がずれにくいメリットもあり、足の指先を痛めにくくなっています。また足首部分がしっかり保護されるので濡れている地面や砂利の多い地面を歩いた時でも中に水や砂利が入りにくいです。足首が固定されるので足首を動かさないといけない作業には不向きですが、ブーツよりも動かしやすく通気性にも優れています。基本的に足首を十分動かさないといけない作業は少ないので、ハイカット安全靴の利用価値は高いと言えるでしょう。

ハイカット安全靴はバスケット用シューズを連想させるので見た目がオシャレで、ファッション的にも足下にボリュームをもたせることができます。もちろんオシャレなだけでなく、踝の上まで覆われていることから足首がしっかり固定され、機能面や安全面において安心です。太めのズボンでも全身のバランスをとりやすく足首が安定します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *