安全靴の性能は一般的につま先部に鉄板が入っており、工事現場などで万が一、つま先部分に重量物を落としたとしても、ケガをすることがないように製作されています。

また、瓦礫の上のような悪路でも、例えば釘を踏んだとしても踏み抜けることがなく安全な作業をするために考慮されています。安全靴の防水性能は靴により千差万別です。防水性能があるものでれば海や川などの作業現場でも操作性が向上し、安全な作業が出来ます。このような靴は災害時にも非常に役に立つ靴です。地震災害だけでなく、風水害などでも足底に水が入ることがなく作業が出来ます。

安全靴の防水性能は、作業者の足元を快適にして、現場作業の効率が良くなるものです。足底が常に蒸れるような靴であると不快なだけでなく、足元の感覚が鈍り危険が増します。休憩時には靴を脱ぐことが多いですが、臭いも気になるものです。この臭いはスメルハラスメントとも呼ばれることもあり、消臭剤を使用しても臭いを抑えることは困難なものです。また作業者の健康面を考えてみると防水性能が低い靴を履いていいると、水虫などの皮膚病に罹患する可能性が高くなります。

水虫は一度かかると慢性的になり、職場の別の作業者にも伝染する可能性があるので注意が必要です。安全靴は作業者の足の安全を守るものですが、職場の環境面や作業者の健康面にも影響を与えます。単に頑丈であるだけでなく防水性能に優れた安全靴を活用し職場の安全や効率性を向上させたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *