工場などの作業現場では必ずと言ってよいほど安全靴の着用を求められますが、そもそもこの靴とは足の指先の部分を主に鉄板等で覆うことで指先を保護している物を指して言います。

昔は靴をより広く覆うものもありましたが移動に不自由なことから現在のような足下特に指先を中心に保護する物が多くなってきました。作業場では軽作業を行う場合でも危険性があるということでこの安全靴の着用を義務付けている場合が多くあり、労働安全衛生法などの法律でも義務付けられている場合があるほどですが、ここでいう作業場とはどのような場所なのかという話になります。

軽作業などの場合でも厳しくこの安全靴の着用を求める場合もあれば、そこまで徹底していないケースも存在している状況です。この法律とはそもそも色々なケースを包括して策定されているためのものだからです。軽作業場であっても何らかの切断用の機械などがあったりあるいは重いものが足下に落ちてくる可能性は十分にあります。また荷物の運搬を行う際にフォークリフトなどの運転が行われる場合も多くあり、指先などの足の保護は必須です。

軽作業の工場であってもこの靴は必須のものと言ってよいですが、作業場ではある程度の予備を用意したりもします。必ずしも安全靴を多くの労働者が全員持参してくるとは限らないためで、万が一を防ぐ意味でも事業所内に予備を設けるようにしているケースが多くなっています。工場などで働く人で一定期間働くような場合には自前の物を持っておくことも有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *