安全靴は、中の構造に足を守るための機能をプラスした靴となるので頑丈な作りではあるのですが、ハードな現場で働く人になると外側を覆っている生地にダメージを受けやすく、まめに買い替える必要が出てきます。

次に新しく購入する時は、履きなれた同じデザインで購入するのもいいのですが、せっかくであれば新作の安全靴を選んでみるといいでしょう。新作の安全靴には、より安全性やデザイン性、機能性を高めたものも増えているので、仕事をスムーズで快適にこなすことができるアイテムともなります。

見た目にもいかにも安全靴といったデザインになると、現場用の靴として持ち歩きをしなければなりませんが、普段使いができるようなデザインであればそのまま履いて現場に向かうことができるので、荷物の量を減らすことにも役立ちます。スニーカーやバスケットシューズ、トレッキングシューズのようなデザインもあり、カラーバリエーションも豊富なので女性でも赤やピンクのかわいらしい安全靴を選ぶことができます。また、最新作では機能性もアップされたものが販売されています。

つま先や靴底には、重いものが足に落ちてきたときや、くぎなどの鋭利なものを踏んでも足裏を怪我することがないような鋼の板が入っているものも多いのですが、その分だけ重い靴となってしまいます。しかし、樹脂製であればとても軽量になるので、仕事を進めるにも重くないので軽やかに作業を進めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *