冬の季節で、街でドライブをしている時に、道路工事に従事している建設作業員の方々が防寒作業服を身に着けている姿を見かけることがよくあります。

寒冷な場所で、寒そうに作業をされているのは本当につらそうで、大変な作業に従事されていると感心します。作業現場においては建設作業員の方々はいつも同じような色合いの、目立たない黒系の防寒作業服を着用されていることがほとんどではないでしょうか。サラリーマンであっても小規模な農業を兼業していたり、小さな家庭菜園を持っていたり、日常的に農作業を行っている方も多いと思います。

簡単な農作業であっても、春先や秋口の作業は寒さが身に沁みることから防寒対策は必須といえます。これまでの防寒作業服といいますと、建設作業員と同様に目立たぬ地味な感じの作業服が圧倒的に多かった気がします。ところが現代では作業着に関わるマーケットは一変し、各メーカーが競いあう形で、ファッション性豊かな服をこぞって販売しているのです。

作業服に本質的に求められるもの、機能性を兼ね備えるという意味に於いては、必須なキーワードは、軽量・防水・防寒の3つのキーワードに落ち着くのではないでしょうか。ファッション性が前面に出てきているとはいっても、やはり機能性は求められているのです。機能性とファッション性が同居する、しかも値段はそんなに高価ではない、作業に必要な服に関しての最前線のトレンドはここにあるように思うのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *