安全靴とは何でしょうか。

本来はつま先のところに硬い芯がついており、JISの規格を満たしたマークがついているもののみを安全靴と呼びますが、広義では先芯の入った靴全般をそう呼んでいます。重いものを足の上に落としたり、何かに挟まってしまったときに足を守る役目が大きいのが安全靴ということになります。

工事現場や倉庫で働く方々にとって、身体を守るためになくてはならないものです。女性の中にも力仕事を得意としていたり、重たいものを常に扱う職業についている方はたくさんいらっしゃいます。そのため女性用の安全靴というのも数多く扱われています。

イメージ的にごつい男の方用のものであると思われがちですが、最近では女性用にスタイリッシュだったりかわいいものも沢山販売されています。しかし足を守ることが本来の目的ですので、ファッション性に特化して選ぶことはあまりおすすめできません。

もちろん見た目がおしゃれ靴に見えても、安全性はしっかりとしたものも多くあります。また、万が一けがを負ってしまった場合に労災が降りるかどうかという基準が、靴がJIS規格を満たしていたか否かということになる場合もあります。

重いものや巻き込み、尖ったものなどから大事な体を守るための安全靴、やはり体にフィットしていることが重要になります。男性用を女性が履いてしまうと、足に合わずかえって危険になってしまうこともあります。しっかりと女性用の中で選んでの着用をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *