安全靴と言えば、その名の通り作業者を危険から守り、安全を担保するための靴です。

動きやすいようにデザインされていたり靴の先には重いものが落ちてきても対応できるような鉄板が入っていることが通常です。デザイン性よりも安全第一に考えられているので、見た目は二の次、というのが一昔前の安全靴のイメージでした。しかし、近年その様相が一変してきました。

例えばホームセンターなどでワークウェアやワークアイテムが販売されているブースに行くと、とてもかっこいい安全靴が並んでいることに気がつきます。よく見るとそれが安全靴だった、という経験は多くの人がしています。まず、ぱっと目を引くカラーが魅力です。

地味な暗い色ばかりではなく、ビビッドなかっこいい色が目立ちます。昔ながらのデザインのものももちろんありますが、もっとシャープで洗練された靴が店頭には多く見られます。有名ブランドの参入も積極的です。

スポーツメーカー等の展開が特に多く、聞けば誰もが知っているようなブランドのロゴをあしらったようなものもたくさんあります。作業以外でも、普段履きに使えるほどハイレベルなクオリティーを保っています。

もちろん、安全靴である以上安全面には最大の配慮が必要です。今まで以上の強度や安全性を確保しつつ、かっこいい靴を作ることに供給側である販売元、製造元は苦心しています。この二つの面の両立が、安全靴メーカーに課される新たな品質保証と言うこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *